車のエクステリア

外装のコツ

車のエクステリア header image 2

防眩機能は後続車のライト防止にピッタリ

2015年07月06日 · コメント(0) · 未分類

夜間走っていると困るのが後ろの車のライトという方も少なくないようです。後続車のライトは上向きにしていなくても明るいことが多く、また、HIDなどのライトを使っている場合は特に明るくて困るものです。そこでおすすめなのが防眩機能付きのバックミラーです。バックミラーは通常、ただのガラスなので後ろが明るければそのまま反射して眩しいのですが、この機能があれば、サングラスを掛けたかのように光っているのはわかる程度に反射を防いでくれます。ただ、後ろを観づらくなる欠点もありますが、機能をキャンセルできる機能もあるのでその都度変えて使うことが多いです。また、リアウインドーにフィルムなどを貼って防げばいいという方も多いのですが、フィルムの濃さは規格で決まっており、あまりに濃いフィルムを利用した場合は車検が通らないこともあります。また、普段バックする際に見づらいのも問題です。マックモニターがあるからいいという方もいますが、カメラでは死角も多数ありますので出来る限り目で確認しながらバックモニターを補助で使う方が良いと思います。後ろがそれでも気になるという場合には先に行かせるなどでやり過ごすのも手です。光量は車によってかなり異なりますので眩しい車を先に行かせれば解決することが多いです

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。