車のエクステリア

外装のコツ

車のエクステリア header image 2

車ミラーの魅力と不思議

2015年07月06日 · コメント(0) · 未分類

車を運転していると死角が怖くなることもあるのですが、これは運転席から直接見えない部分のことです。特に路線バスはバス停に停車する度に人が集まることになるため、他の車より死角に人が入り込むリスクが高くなってしまいます。ドアを閉めて出発しようとした直後に左ミラーに人のテクノロジー02姿が映ることがありますが、映る範囲には限界があるため発見が遅れると事故に繋がってしまう場合もあります。また、巻き込み防止用の鏡が付いていても、夜間・雨天などの条件よってはほとんどよく見えません。最近では左折時に一旦停止を実践している事業者などもありますが、信号を無視する自転車やスマートフォンの操作に気を取られて車になかなか気づかない歩行者なども多くなっていますし、運転している側は気を遣うことになります。トラックが左折する時に鏡を出したり格納したりする光景を見たことがある人もいるでしょう。右折時に鏡を格納するのは左を通過する大型車との接触を防ぐという目的があるのですが、左折時には周囲を確認するために出すという場合があります。それは鏡を格納したり出したりすると周囲が映るためであり、鏡で様子を見ることで左折巻き込み事故を防ぐことに繋がるのです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。